ウインドサーファー艇の兄弟ボード「ロケット99」

『ロケット99』は、ウインドサーファー艇の兄弟ボードとして生まれた。形は「初代ウインドサーファー艇」と似ているが、全長は285cm(80cmも短く)となっている。ロケットという名の通り、ズドーンと「飛べる」ボードとしてデザインされたのだろう。ボードのセンターには、ダガーの代わりに長めのフィンが取り付けられるようになっている。ワイズとボリュームがテイル寄りにあるので、異常なほどにストラップに足を入れやすく、スピードが出ていなくてもストラップを使える。

セイルに風を入れると、スピードは徐々に上がっていく。今のボードのようにプレーニング時とそうでないときとの境目がはっきりとはしていない。だから微風でも強風でも、それなりに加速を楽しむことができる。

レイルジャイブなどのターンでは、アウトラインが独特なのである種のクセは感じるものの、後ろ寄りを使ってやれば、それなりにできる。ジャンプは、高さを出すのはいくつかの条件が整わないと難しいが、飛ぶだけなら意外なほど普通に飛べた。

当時は前衛的・革新的なボードとして捉えられたに違いない。コンパクトで、跳ぶのもラクだとエキスパートたちが歓喜したのかもしれない。なにせそれまではサーファー艇で何もかも(ジャンプも波乗りも)やっていたからだ。

salvage